ネコノシマにようこそ

瀬戸内海に浮かぶ離島「佐柳島」。香川県多度津港からフェリーで小一時間、周囲たったの7km足らず、人口わずか70人ほどの、小さな小さな島に2017年の8月、ネコノシマホステルは誕生しました。

元々は昭和29年に建てられた佐柳小学校の木造校舎。廃校となった後はほとんど使われることもなく、ただただ朽ち果てていくのを待つ状態でした。それが、たくさんの人たちの応援と、ちょっとした偶然、そしてほんの少しの奇跡が重なって、島民の思い出の場所は息を吹き返しました。

時にはいたずらもするけれど、いつでもどこでも寄り添ってくる、まるで昔からの相棒みたいなネコたちと一緒に、佐柳島の人たちは今日もここでのんびり楽しく暮らしています。そんな佐柳島のスローネコノシマライフを、ぜひ実際に肌で感じて欲しい。それがネコノシマホステルのコンセプトです。

何せ古い木造校舎、決して今の建物みたいに快適とは行かないかもしれません。しかし、それを補って余りあるくらいの素敵な瀬戸内の海景色と、ゆったりとした空気感が、今まで忘れていた大切な何かを、きっと思い出させることでしょう。

そんな感じで島沿いの一本道に、まるで島のネコのように今日もちょこんと佇んで、ネコノシマホステルはみなさんのご来館をお待ちしています。

ネコノシマホステル+喫茶ネコノシマ 代表 村上淳一・直子